ピトケアン諸島

皆様はPitcairn Islandをご存知でしょうか?


私は場所どころか聞いたこともありませんでした。
この島はイングランドの海外領土で人口は約45名。
ピトケアン島は、火山性(最高峰が355 m)の島で、南緯25度04分、西経130度06分に位置する。面積は4.50 km2。海岸線は荒波の影響で大半は断崖絶壁か、岩がごろごろしている浜である。そのため、大型の船が島へ接岸するのは難しい。(Wikiより)

というわけで、クルーズ客船が寄航できない代わりに、島の住人全員が船に乗ってきました。
まず島についてのレクチャーがあり、その後マグネット、ポストカード、Tシャツや木彫りの置物やお皿など(素晴らしい出来栄え)を船内で販売(現金のみ)、その語島の人たちが歌を歌ってくれて下船という流れでした。

かなりレアでございます!
というわけで、ポストカードなんて滅多に、というか人生で一度くらいしか送ったことないですけど、数枚買ったので送ろうと思います。あとはマグネット買いました。
マグネットの裏には誰が作ったのかというサインが入っています。
小さい島ならではですね!素敵!ついでに木彫りの置物などにもサインが入っててかなり素敵でしたが、お土産は軽いものしか買わないと決めてますので買いませんでしたよ。

島には駐在のドクターがいます1年ごとに契約してるようです。
教師も1年契約で交代で居ます。現在生徒は3名だそう。ニュージーランドが補助してくれてます。子供はある一定の年齢になるとニュージーランドで勉強も出来るそう。で、そのまま移住することが出来ます。
そんなわけで島の人口は減りつつある一方、、、

でもでも、黙ってこのまま無人島にしちゃうわけにもいかない!というわけで、この島は移民を募集しております。6ヵ月住んだらちょっとした土地も貰えます。
興味のある方はこちらまで。
http://www.immigration.gov.pn/community/the_people/index.html
ちなみに現在はドイツ人男性が一名住んでるようです。このまま一生住むかは謎ですがね。

島の人たちの下船はとても素敵で、小さな船に乗って手を降ってお別れでした。

時間があったら是非ウィキペディア“ピトケアン”で調べてみてください。歴史が面白いです。

Employee of the Year Award Ceremony

さてさて、昨夜はEmployee of the Year Award Ceremonyでした。
毎月Employee of the Monthで頑張ってるクルーメンバーが表彰されるんですが、去年2017年の選ばれたクルーメンバーの中からEmployee of the Yearを決めてお祝いするんですね。
ゲストエンターテイナーが歌って、その後メインイベントのくじがあったんですねー。
まぁほとんどのクルーメンバーはこれがメインでしょう。なんと500人余りのクルーメンバーの中からなんと!たったの6人だけ下記の商品が当たるかもしれないという。
でも行かなきゃ可能性は0なのでみんなもちろん夢見て行きます。
去年は仕事で行けず(それでもくじのチケットは貰える)だったんですが、今年は行けました。楽しかったなー!何にも当たんなかったけど、当たったひとがフィリピン人とかだったので嬉しかった。

産まれた国によって待遇が違うので、フィリピン人やインドネシアのクルーメンバーは私たち程給与が貰えません。ただ、その代わり自分の国で働くより何倍ものお金が稼げるので、国に帰ったら結構なお金持ちだとは思います。
フィリピンやインドネシア人などが働ける部署には制限があります。これはクルーズラインによって多少差が出てきますが。
たとえばカーニバルクルーズではフィリピン人でもゲストサービス(フロントデスク)で働けてマネージャーになることだってできます。ただ、私の船はフロントデスクではフィリピン人は雇いません。
でも他の船よりも待遇が良いので、フィリピン人や他の国の人も長く働いてる人が多いです。

話は戻って、その後はクルーパーティーでした。
もちろん昨日だけはフリードリンク。
どの船にもクルーバーがあって、そこはお客さんは入れません。名前のごとくクルー専用のバーなのです。クルーズごとにクルーパーティーがありますが、当たりと外れがあるので、盛り上がったり盛り上がんなかったり。

そういえばカーニバルのときはナイトクラブがゲストエリアにあって、大きなクルーパーティーのときは、そのナイトクラブをクルー専用に貸し切ってパーティーしてました。
楽しかったなー!

私の今の船は、ラグジュアリー船でリタイヤしたお金持ちをターゲットにしてるので、ナイトクラブなんてありません。似たようなのがカジノの一角にあったけど、それも無くなりました。みんな12時には寝てます。なのでクルーパーティーはもっぱら6階後方のオープンエリア(半分外)か4階前方のクルーバーです。

昨晩のパーティーはフリードリンクだし、沢山踊ってる人がいたので当たりの楽しいパーティーでございました。

 

国際日付変更線

国際日付変更線は、日付の更新の矛盾を防ぐために地球の海上に設けられた、ほぼ経緯180度の地点を結ぶ理論上の線です。経度で15度異なる地域では、1時間だけ現地時刻が異なります。旅行者が15度移動するたびに時計の針を1時間ずつずらしていくと、世界を一周したときに、時刻は正しいが日付が1日異なることになります。これを防ぐため、国際日付変更線を西から東にまたぐ場合は日付を1日戻し、東から西に跨ぐ場合は、日付を1日増やします。国際日付変更線は、陸上の隣の町や村で日付が変わるなどの不便がないように、海上に設定されています。

ということで、先日は3月10日(土)が2日間ありました。

というか、この記事10日以上前に書きましたが、忙しくてアップする暇がありませんでした。
以前シフトについて書きましたが、基本的に4人のフロントデスクで、7:00AM~1:00AMのデスクの仕事を回します。このクルーズは色々あって、3人で回さなくてはいけなかったので、働く時間が長かった+寄港地がたくさんあったのでそのたびに少しでも時間があると、下船してるか寝て過ごしたので、あっという間に10日も過ぎてしまいましたー!
しかも寄港地がボラボラ島とか、ビーチやスノーケルがメインのコースだったので、さらに疲れた。楽しかったけど。

さてさて話は戻って日付変更線ですが、ゲストによっては何も知らずに乗船してる人とかいて(販売代理店は一体何をしてるのか、、、もしくはゲストが理解してないだけ)いちいちデスクに来て聞いてくるので同じ説明を何度も繰り返しました。ま、繰り返し同じことを言うのは全く珍しいことじゃないですけど。

船の上では日付変更線を追加したという紙が記念として欲しいひとに名前をプリントして配った他は何もしてないですね。

先日のゲストとの電話での会話

ゲスト「ウエイクアップコールお願いします」
わたし「はい、何時に致しますか?」
ゲスト「明日はフライトの時間が早くて朝5時に下船しないといけないんだけど」
わたし「そうですが、何時にいたしましょうか?」
ゲスト「何時に起きれば間に合うかな?」
わたし「...」
分かります?この感じ。いやんなっちゃいますね、全く、ベビーシッターじゃないんですから!そんなの人によって違うでしょ?あー怖い怖い。
でもこんなわけの分からないゲストは沢山いますので、慣れっこでございます。
結局、朝ご飯は食べるんですか?とか聞いて、4:15に起こすことに決まりました。
4:55に起きたらいかがですか?とか私だったら3:00に起きますとかアドバイスしてあげればよかったなー。うふふ

 

 

FIJI フィジー

さて、今回の航路はこちらです。もうこのクルーズの半分くらいは終わりましたけど。

フレンチポロネシアの島々(ボラボラ島など)、フィジー、トンガかクックアイランドなどのクルーズです。
海が大好きな人におすすめですね。ボラボラ島などは日本人がよくハネムーンなどで訪れるので、英語とフランス語、さらに日本語の表記までホテルなどで見かけます。

お客さんのツアーはもっぱらスノーケリングやグラスボートなど。

私たちクルーはビーチで寝て泳いで過ごします(休憩時間)。

先日はヤサワ島というフィジーの島に朝っぱらから行き泳ぎました。
去年も行ったんですがテンダーボートで港に着いたら、右も左もビーチという素敵さ!

この日は11:30AMから仕事だったので8:00から出かけてました。
明日も12:00PMから仕事なので朝から早速行ってきます。

疲れるけど身体は動かしたほうが気持ちいいですね。

あ、昔東京で外人のお金持ちの人が通う施設で働いてたときに気付いたんですが、仕事の出来る人や、偉い人クラスの人はみなさん何かしらしてますね。朝からジムやジョギングなど。

仕事の前に一汗流して行くわけですよ、無駄な時間の使い方はしないんですね彼らは!

ツアーのエスコート

先日はキウイフルーツ&マオリ族のツアーに参加してきました!

各寄港地でゲストは自由に乗下船出来ますが、船が現地のツアー会社と企画したツアーに参加することもできます。(有料)

で、そのツアーにクルーメンバーがエスコートとして参加できるわけです。(無料)

エスコートとは名前の通り、基本的には船に付いて行って、ツアーがちゃんと催行されてるか、ゲストが迷子にならないように、船のロゴとバスの番号が付いたプラカード持って歩いたりします。で、最終的にA4サイズのツアースタッフから渡されてる紙に、ツアー自体やガイドさんの評価、もしも苦情などゲストから聞いたらそれもレポートにして渡して終了。

港によっては、港自体に何もなく、ツアーに参加しないとしょぼい街を見て終わりってなことになる可能性もあるので、私は寄港地によって参加したり参加しなかったりしてます。

参加というか、それもこのツアーに参加したいですって紙を書いて渡して、運が良ければなので、好きなツアーに絶対いけるわけじゃないんですが、、、
でもツアーのデスクの子はみんな友達なので、割と優遇してくれます

今回のツアーはマオリ族を見てくるって話でしたが、マオリ族はどこにでも住んでるようです。もう社会に溶け込んでるようです。ニュージーランドに住んでる人に聞いたら、街で歩いてると、マオリ族の人は顔でわかるそうです。

マオリ族の土地に入るときには、自分たちのボス的になる男性を1人前にして、そのあとに女性、そのあとに女性を守るように他の男性が付きます。

中に入ると、マオリ族の1人がやってきて、威嚇のようなことをします。
これは、訪問者戦いにきたのか、ただ平和的に来たのが見極めるためだそうです。
*下の写真がそれ

この下の写真はマオリ族がイベントとかがあるときに集まる大きな家です。中は写真を撮ってはいけないと言われたので撮ってませんが、顔写真が飾ってあるのと、寝るとき用のマットがたくさん置いてありました。

親族が亡くなったときなどは、その亡くなった人と一緒に3日間この家で寝るんだそうです。

今回は素敵な歌を2曲歌って頂きました。
こうやってツアーの人を受け入れて、マオリの人は生活費の一部にしているんですね。時代ですね、きっと。

これは今回買ったマグネット。

この鳥はkiwiといってニュージーランドに生息してる鳥です。
鳥というか、羽はないんですけど。
羽がないのに、足とくちばしだけあるので、かわいいですけど若干気持ち悪い気もします。

この鳥よく見るとキウイフルーツの中に入ってるんですね。
キウイに入ったkiwiってことで、最高に可愛かったので買っちゃいました。

悪天候で、寄港地に行けなかったら、、、?

船ではあるあるですね、といっても悪天候で寄港地に行けないってことはそうそうないですけど。

今回はGisborneというニュージーランドの港をスキップすることになりました。
理由は悪天候のため。たまにあります。この港は船が港に接岸出来ないため、テンダーボートという船にある小さな船で(ライフボート)、ゲストを港に送迎します。

なので海が荒れてると、ゲストの乗り降りも危険だし、そんな港に行っても悪天候じゃしょうがないしってことで、安全第一、寄港地変更です。

航路や、他の港の状況にもよりますが、出来るだけ他の港に行けるようにします。
今回はTaurangaという、次の日に予定していた港に1日早く着くことになったので、Taurangaで一泊二日というわけです。

え?ゲストから苦情が来ないかって?

そりゃくるときもありますね、てか天候のせいなんだから、苦情なんて言う人は、ちょっと変わり者だと思いますけど、世の中は大なり小なりみんな変わり者ですからまぁしょうがないですけども。

Taurangaは去年も行ったけど、寄港地から徒歩で小さな町にも行けるし、ビーチも山もあるのでお気に入りの港です。

近くの山にはハイキングコースがあって、そこには羊もいるし、上からの眺めは最高。
こんな感じ、、、

でも今回は雨予報でしたが、曇りくらいにとどまってくれて良かった。2日目にツアーがあるので(ゲストに一緒についていく)マオリ族を見に行きます!あとキウイフルーツ。

次回は、ゲストと一緒にツアーとは?ってところを詳しくお知らせしたいと思います。