ピトケアン諸島

Pocket

皆様はPitcairn Islandをご存知でしょうか?


私は場所どころか聞いたこともありませんでした。
この島はイングランドの海外領土で人口は約45名。
ピトケアン島は、火山性(最高峰が355 m)の島で、南緯25度04分、西経130度06分に位置する。面積は4.50 km2。海岸線は荒波の影響で大半は断崖絶壁か、岩がごろごろしている浜である。そのため、大型の船が島へ接岸するのは難しい。(Wikiより)

というわけで、クルーズ客船が寄航できない代わりに、島の住人全員が船に乗ってきました。
まず島についてのレクチャーがあり、その後マグネット、ポストカード、Tシャツや木彫りの置物やお皿など(素晴らしい出来栄え)を船内で販売(現金のみ)、その語島の人たちが歌を歌ってくれて下船という流れでした。

かなりレアでございます!
というわけで、ポストカードなんて滅多に、というか人生で一度くらいしか送ったことないですけど、数枚買ったので送ろうと思います。あとはマグネット買いました。
マグネットの裏には誰が作ったのかというサインが入っています。
小さい島ならではですね!素敵!ついでに木彫りの置物などにもサインが入っててかなり素敵でしたが、お土産は軽いものしか買わないと決めてますので買いませんでしたよ。

島には駐在のドクターがいます1年ごとに契約してるようです。
教師も1年契約で交代で居ます。現在生徒は3名だそう。ニュージーランドが補助してくれてます。子供はある一定の年齢になるとニュージーランドで勉強も出来るそう。で、そのまま移住することが出来ます。
そんなわけで島の人口は減りつつある一方、、、

でもでも、黙ってこのまま無人島にしちゃうわけにもいかない!というわけで、この島は移民を募集しております。6ヵ月住んだらちょっとした土地も貰えます。
興味のある方はこちらまで。
http://www.immigration.gov.pn/community/the_people/index.html
ちなみに現在はドイツ人男性が一名住んでるようです。このまま一生住むかは謎ですがね。

島の人たちの下船はとても素敵で、小さな船に乗って手を降ってお別れでした。

時間があったら是非ウィキペディア“ピトケアン”で調べてみてください。歴史が面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です