イースター島

チリのイースター島に行ってきました!

いつかMacBookだったか何かのバックグラウンドの写真でイースター島のモアイの写真を見てからずーーーーーーーっと行きたかった場所です!
いつか!と願ってば叶うんですねー。

イースター島の周りは断崖絶壁で(ビーチもあります)船が接岸できないためアンカーで沖に船を停めてテンダーボートという非常時にはライフボートになる船で下船します。
イースター島の周りの海はよく荒れるので、船が4回寄港して、そのうち1回上陸出来る確立だそう。

3年前にイースター島に行ったときには朝の7時にテンダーボートを1回出したきり、海が荒れて次のテンダーはお昼の12時だったそう。

私たちはとてもラッキーで2日間アンカーで停泊しましたが、両日ともテンダーサービスが止まることなく上下船できました!

1日目は職場の友人5人でタクシーをハイヤーして3時間のツアーをしてきました。
3時間くらいのツアーで一人$40.00支払いました。
+イースター島はほぼナショナルパークなので、チケットを購入しないと入れない場所が多々あります。なのでイースター等では$80.00の10日間有効のチケットを購入しなければなりません。使い回しが出来ないように、メインの観光地は1回きりしか入れないようになっています。(チケットにスタンプを押されちゃいます)

2日目はお土産を買いにダウンタウンに行く予定だったのが、少し道を間違えてダウンタウンに行けず、ただその代わりに違うモアイ像を見れました。

お客さんが、ピラミッドと同じで、テレビなどで見るのと実際に行ってみるのでは大きな違いがあると言ってましたが、本当にそのとおりでした!

モアイも感動しましたが一番感動したのがラノ・カウ山のカルデラ湖!
感動して言葉を失いましたね!自然ってすごいわー!

とにかくイースター島、お勧めでございます!

イースター島について

チリ領の太平洋上に位置する火山島。現地語名はラパ.ヌイ。また正式名はパスクア島と言い、“PASCUA”はスペイン語で復活祭(イースター)を意味する。モアイ像がある島として有名で、島の人口は約4000人。モアイは島で算出される凝固岩でできており、建設中に放置されたものも含め約900体ある。像の設置目的、用途については諸説あり定説は未だにない。