ヴォンジョールノ!イタリー

Pocket

なんと!数日前に久しぶりに記事を書いてアップロードしたのに、出来てなかった!(インターネットが遅くて泣)そして書いた記事は消えてしまうという悲しいやつ、、、

しょうがないので書きたかったことを短くまとめます。

 

私の働いてるクルーズ客船はクルーズ客船(オーシャンシップと呼びます)が2隻、リバーシップか5隻、ヨットが1隻です。確か。2019年4月現在。

オーシャンで働くクルーは基本的に同じ船でずっと働きます。2隻の間を行き来することはありません。*ほとんどのクルーは。

(リバーは5隻の間をぐるぐるしますので、コントラクトに違うところに行きます。)

といわけで今回私はいつも働いてる船ではなく、もう一隻の方で4カ月働きます。

 

理由はというと、前回のコントラクトからポジションが変わって(昇進じゃい!イエーイ)このポジションは4カ月乗船、2カ月休暇というサイクルで働き、コントラクトごとに船を行き来するのです。

 

ま、そんなわけで、クルーの生活は大変なんです!荷物は少なめが良いのはわかってるけど、4カ月間、暑いとこ行ったり、時には寒いとこ行ったり、やっぱりちょっと綺麗めの服も着たいし、くつもバッグも1個というわけにはいきませんね!

そんなわけで、私はこの2年半、いつも同じ船で働いていたので、下船する際は段ボールや、バッグなどに日本で必要ないものを船に置いて行ってたので、スーツケース一個で動けたんですが、今回は初めての船、、、

しかもポジションが変わって、お客さんとお食事したりもするので、ドレスも何枚か必要だし、それに合わせたドレスシューズも必要、、、というわけで、荷物が絶対2個は必要なんですね。

 

そんでもって、今回はイタリアから乗船なので、せっかくなので、ヨーロッパを旅行してから乗船しようと思い、乗船1カ月前にヨーロッパに来て色々廻りたい!と計画を始めたんですが、荷物は2つは絶対に無理!

ヨーロッパ内の格安航空は20㎏の荷物1個でも+料金払うし、バスだって同じ感じ、何より体力が持ちません。

そこで考えたのが、乗船する船が停泊してるときにお邪魔して、荷物を一つ置かせてもらおう!

 

なんと素晴らしい考えなのでしょうか!早速同じポジションで働く子にメールして(その子が休暇に入るので、私が乗船する)お願いして、イタリアの港で私を船に呼んでくれることになりました。

ちょっと変な言い回しですが、なぜかというと、同じ会社のクルーでも、コントラクト期間内でなければ、いくら知り合いがいようとも、船に勝手に乗船することはできません。Visitor Listという来客招待?のリストに、船で働いてる人が、呼びたい人のID番号や誕生日などの情報を書いて提出してOKが出てやっと船に乗船(来客として)一時乗船できるわけです。

 

そんなわけで、先日はローマで無事荷物1つを乗船する船に乗せて、Mサイズの荷物(16㎏)とリュックで25日間ヨーロッパを廻ります。はー荷物少ないって最高!階段が怖くない!

さて現在はイタリア滞在を終え、ハンガリー、オーストリア、スロバキアを経てベラルーシへ向かっております。ミンスクでは“何もしない日”を設けてるので、少しゆっくりできますー。

 

ではまた近いうちに書きます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です