トーテムポール

先日バンクーバーから出向してアラスカにいます。

今回の航路

先日はアラスカのケチカンでトーテムポールのツアーに参加してきました。

トーテムポールは南東アラスカや、カナダのブリティッシュコロンビア州やアメリカワシントン州で独特の存在です。重要な出来事を記念したり、家系の歴史を記録するために建てられたそうです。崇拝や礼拝などには用いられていません。

伝統的にトーテムポールは建設後、塗り替えや修復されることはなく、自然に痛み、倒れ、自然に還っていき、1960年代の終わりには少しのトーテムポールが残させるのみだったそうです。

今回はトーテムヘリテージセンター/ケチカン へ行ってきましたが、そこには東南アラスカのネイティブたちの同意により保存された33の19世紀のすばらしいトーテムポールが見ることができました。

トーテムポールを解読するには歴史を知ることが重要で、誰が依頼し、何の目的で、何を意味するのか、その事実は世代から世代へ口頭で語り継がれていき、残念ながら多くは消えていき、トーテムポールに描かれた形態を解読することはできても、その意味については憶測することしかできないそうです。

下の写真は100年以上も前のトーテムポールです。過去には色が塗られていたそうですが、雨などにより消えています。

昔はこの部族はこの部族と結婚する!と決められていたそうです。子供は決められた年齢になると自分の兄弟に預け、生きるうえで必要なことを教育したそうです(食事の保存の仕方や獲物の仕留めかたなど)。子供を甘やかすことを防ぐために始まったそうです。

先日船のクルーによるツアー参加について少し記載しましたが、基本的にツアーのサインアップシートがあり、行きたいツアーを選んでその紙をツアーデスクの人に提出します。

今回のケチカンは3つ行きたいツアーがあって、このツアーは3つ目に選んだもので、最初の2つはすごく行きたかったけど(フィヨルド見たり、鷹見たりするツアー)、これは一体なんのツアーかも謎なまま、私のシフトに合うという理由で3つ目に選んで、ツアーが決まってから内容を読んで、“歴史、博物館”とか書いてあって、あー絶対つまんないやつ!失敗した!と思ったけど、かなり興味深い内容で、やっぱり“食わず嫌い”よりも何でもやってみるって大切だなと思いました。もしちゃんとツアー内容を読んでいたら3つ目にも選んでなかっただろうなー、、、

というわけで、トーテムポールがどんなものなのか、今まで興味すらなかった自分にびっくりですが(カナダのバンクーバーで留学していたときにも見ていたのに)、色々知れて勉強になりました。

ただ、次回はやっぱりフィヨルドとかハイキングとかもっとそういうのがいいな、、、

下記の景色はアラスカの航海風景です。“トレーシーアーム”
ディスニークルーズとすれ違いました。

 

ハワイ16日間クルーズ

今日はハワイのコナに停泊しています。

本来だったら昨日ヒロに停泊する予定だったんですが、火山の関係でキャンセルになってしまいました。こればかりはしょうがないので、ゲストからクレームが来ることもほぼなかったですけど。コナとヒロは下記の地図通り、同じ島ですが反対側に位置してるのでなんとかコナには行けて良かった。

今回のクルーズは16日間クルーズで、そのうち10日間が航海日!外に出れないので辛いです。なので昨日は友人とデッキ12に行って、1時間くらいおしゃべりをしながら外の空気を楽しみました。これがそこからの風景。素敵です。船にずっと乗ってるからすっかり忘れてしまうんですが、360度海の風景はとても素敵です!

そういえば先日はクルーパーティーでした!
クルーズごとに1回はクルーパーティーがあります。今回はハワイアンパーティーでした。

基本的にクルーバーというのがクルー専用であって、クルーが仕事のあとにお酒を飲む場所なんですが、どこにでもあるバーをダウングレードした感じです。

クルーパーティーとなると、ビュッフェ(そんな大したもんは出ない)、フリードリンク(アルコール含む)、ダンスミュージック、クルーがDJします。(ちなみに今回はカジノで働いてるスタッフでした。)今回はパーティーの前にカラオケ(ほぼフィリピン人しか歌わない)とクルーによるライブミュージックがありました。

フェイクフラワーのレイも用意されていてハワイアン気分満載。
そういえばパーティーの名前は

というわけで、とても楽しいパーティーでございました。

南米

お久しぶりでございます。先週まで新しく入った子をトレーニングしていましたので忙しく、すっかり投稿し忘れていました。

さてさて先週はチリ、エクアドル、ペルーなどを廻っていました。
初めての国ばかりでとても楽しかった!


とくにペルーではPeruvian Cevicheが名物でございまして、魚をレモンやココナッツでマリネして食べるんですが、最高においしいです!!

日本もおいしい魚が沢山あるので、帰国したら作ってみたいなと思いました。

南米は可愛いお土産が手頃な値段で買えるので、うっかりいらないものを買いそうになります。帽子が$5.00とサンダルが$12.00でしたので購入しましたが、2回くらい使ったので無駄遣いでは無かったと思います。

まぁこれは先週のお話で、今回のクルーズは南米からマイアミの方に行くクルーズなんですが、St.Barts というフランス領の島に行ったんですが、ヨーロッパ風で素敵なのはよい物の、なんとカクテル(普通のサイズ)が19ユーロ、レモネードなどのソフトドリンクが10ユーロもしました。一瞬で飲み干せる量でしたが、レモネードは30分以上かけてちびちび飲みました。
1泊したんですが、そんな高いところで夜ご飯にレストランなんて行ったらとんでもないことになるので、お部屋で映画を見てリラックスいたしました。

あー南米からのこんなファンシーな港だからけち臭くなっちゃいますね。あー怖い。

イースター島

チリのイースター島に行ってきました!

いつかMacBookだったか何かのバックグラウンドの写真でイースター島のモアイの写真を見てからずーーーーーーーっと行きたかった場所です!
いつか!と願ってば叶うんですねー。

イースター島の周りは断崖絶壁で(ビーチもあります)船が接岸できないためアンカーで沖に船を停めてテンダーボートという非常時にはライフボートになる船で下船します。
イースター島の周りの海はよく荒れるので、船が4回寄港して、そのうち1回上陸出来る確立だそう。

3年前にイースター島に行ったときには朝の7時にテンダーボートを1回出したきり、海が荒れて次のテンダーはお昼の12時だったそう。

私たちはとてもラッキーで2日間アンカーで停泊しましたが、両日ともテンダーサービスが止まることなく上下船できました!

1日目は職場の友人5人でタクシーをハイヤーして3時間のツアーをしてきました。
3時間くらいのツアーで一人$40.00支払いました。
+イースター島はほぼナショナルパークなので、チケットを購入しないと入れない場所が多々あります。なのでイースター等では$80.00の10日間有効のチケットを購入しなければなりません。使い回しが出来ないように、メインの観光地は1回きりしか入れないようになっています。(チケットにスタンプを押されちゃいます)

2日目はお土産を買いにダウンタウンに行く予定だったのが、少し道を間違えてダウンタウンに行けず、ただその代わりに違うモアイ像を見れました。

お客さんが、ピラミッドと同じで、テレビなどで見るのと実際に行ってみるのでは大きな違いがあると言ってましたが、本当にそのとおりでした!

モアイも感動しましたが一番感動したのがラノ・カウ山のカルデラ湖!
感動して言葉を失いましたね!自然ってすごいわー!

とにかくイースター島、お勧めでございます!

イースター島について

チリ領の太平洋上に位置する火山島。現地語名はラパ.ヌイ。また正式名はパスクア島と言い、“PASCUA”はスペイン語で復活祭(イースター)を意味する。モアイ像がある島として有名で、島の人口は約4000人。モアイは島で算出される凝固岩でできており、建設中に放置されたものも含め約900体ある。像の設置目的、用途については諸説あり定説は未だにない。

ピトケアン諸島

皆様はPitcairn Islandをご存知でしょうか?


私は場所どころか聞いたこともありませんでした。
この島はイングランドの海外領土で人口は約45名。
ピトケアン島は、火山性(最高峰が355 m)の島で、南緯25度04分、西経130度06分に位置する。面積は4.50 km2。海岸線は荒波の影響で大半は断崖絶壁か、岩がごろごろしている浜である。そのため、大型の船が島へ接岸するのは難しい。(Wikiより)

というわけで、クルーズ客船が寄航できない代わりに、島の住人全員が船に乗ってきました。
まず島についてのレクチャーがあり、その後マグネット、ポストカード、Tシャツや木彫りの置物やお皿など(素晴らしい出来栄え)を船内で販売(現金のみ)、その語島の人たちが歌を歌ってくれて下船という流れでした。

かなりレアでございます!
というわけで、ポストカードなんて滅多に、というか人生で一度くらいしか送ったことないですけど、数枚買ったので送ろうと思います。あとはマグネット買いました。
マグネットの裏には誰が作ったのかというサインが入っています。
小さい島ならではですね!素敵!ついでに木彫りの置物などにもサインが入っててかなり素敵でしたが、お土産は軽いものしか買わないと決めてますので買いませんでしたよ。

島には駐在のドクターがいます1年ごとに契約してるようです。
教師も1年契約で交代で居ます。現在生徒は3名だそう。ニュージーランドが補助してくれてます。子供はある一定の年齢になるとニュージーランドで勉強も出来るそう。で、そのまま移住することが出来ます。
そんなわけで島の人口は減りつつある一方、、、

でもでも、黙ってこのまま無人島にしちゃうわけにもいかない!というわけで、この島は移民を募集しております。6ヵ月住んだらちょっとした土地も貰えます。
興味のある方はこちらまで。
http://www.immigration.gov.pn/community/the_people/index.html
ちなみに現在はドイツ人男性が一名住んでるようです。このまま一生住むかは謎ですがね。

島の人たちの下船はとても素敵で、小さな船に乗って手を降ってお別れでした。

時間があったら是非ウィキペディア“ピトケアン”で調べてみてください。歴史が面白いです。